FC2ブログ

このエール、届け!

幸せって、いつも、自分で見付けて感じていくものなんだね。そんな風に思えるようになったのも、今まで出会った方々のお陰。もらったエールのお返しが出来たらいいなあ。

Entries

気ままなおばちゃん ヨーロッパ10か国を渡る カロフェル(Kalofel)到着の日(ブルガリア)編

今日は、久しぶりに目覚ましのベルで目が覚めました。最近は目覚ましのベルが鳴る前に起きる感じだったのですが、今朝は時間まで気持ちよく眠っていた二人です。
だから、お散歩ランニングはお休みしました。

今日は、前回に続き、ブルガリアのソフィアからバラの谷に向かうバスの中でワクワクした車窓の後のことを思い出しながら、続きを書こうと思います。

その前に、ブルガリアの言語は、ブルガリア語
ブルガリア語のCDを聞きながら、ブルガリア語とキリル文字をこの本を見ながら、勉強してみようと思います。
 

Здравейте. Аз съм Мики. 
イズヴィネーテ. アッ サム ミキ.
こんにちは。私はミキです。
Приятно ми е.
プリヤートノ ミ エ.
はじめまして。どうぞよろしく。
От къде сте? 
オット カデ ステ?
どこから来ましたか?
От японка съм.
オット ヤポーニヤ サム.
日本から来ました。
Аз съм японка.
アッ サム ヤポンカ.
私は日本人(女性)です。
Аз живея в Хирошима.
アズ ジヴェーヤ フ ヒロシマ.
私は広島に住んでいます。
Аз съм отишъл в България.
アッ サム フ ブルガリヤ.
私はブルガリアに行きました。
Да./Не. 
ダ./ネ.
はい。/いいえ。
Благодаря. / Моля. 
ブダゴリャー. / モーリャ. 
ありがとう。/どういたしまして。

※キリル文字がきちんと表記で来ていません。ご了承ください。

今日は、カタカナではありますが、発音を書いてみました。全く同じではないですが、雰囲気で覚えたいと思います。
こんな風に、引き続き、ブルガリア語も少しでも覚えられるように、進化させながら、書いていこうと思います。

ここからは、当時フェイスブックにアップした内容を記載します。

2013年6月2日
このヨーロッパの一番の目的地、バラの谷に到着。ソフィアからどうやってここまで来るのか、きちんと調べず来てしまい、午前中は、重い荷物をホテルからバス乗り場とソフィア駅をさまよいながら、先生と相談してバスを使って来ることを選択。
バス停で待っていたら、バラの谷、カザンラクに住んでいる方から、声を掛けられ、明日のバラ祭りについて、リサーチ出来ました。そして、同じバスだから、一緒に行こうと声を掛けられ、無事に乗車。
バスに揺られ三時間。目的地のカロフェルに到着。
でも。ホテルはどこ?また、さまよっていたら、女神が登場。
ご主人様を呼んで下さり、ホテルまで車でゴー!
無事にホテルに到着。
ホテルオーナーにバラの精油について聞いたり、明日のカザンラクのバラ祭りについて聞いていたら、ホテルオーナーは、バラ園も持っていることを聞き出すことができ、さっそく、連れていって頂きました。
なになになに、見事に、全てが思い通り!
ブルガリアンローズ畑で、またしても感激の涙。
この夢を叶えるために、年明けから、寝る間を惜しんで、仕事に没頭。通信の仕事が終わって、図面の仕事。土日は、ミキフィトスパモンド。どれもこれも、この日のために、やって来たから。
その間、私の夢の実現のために、ご尽力下さった方々の顔が浮かんでは、涙が溢れてとまりませんでした。
皆様、お陰さまで、夢を実現することができました。
本当に、ありがとうございます。
ローズ畑の中の私

2013年6月2日
まこ先生がいてくれたから、不安も一緒に分かち合い、勇気を持って行動することが出来ました。ホテルのオーナーがバラ畑を持っていると知ったとしても、もし、一人だったら、私は、バラ畑に連れて行ってもらうことは、選択しなかったでしょう。
私と共に、ここまできて下さり、本当にありがとうございます。
先生の書かれたBlogに、心優しいオーナー様の写真がありますよ。
※まこ先生のYahoo Blogはサービスが終わって見ることができないので、私がオーナーのターニュさんと一緒に撮った写真をアップしておきます。
20130601ローズ畑withホテルオーナーのターニュ

2013年6月3日
ローズフェステバルの前夜祭。
宿泊したホテル近くのレストランでコンサートや打ち上げ花火を鑑賞することができました。
フェイスブックでは動画をアップしておりましたが、ここでは、写真をアップしておきます。
ローズフェステバル前夜祭花火

今日のフェイスブックのアップ記事は、ここまで
旅行中、写真では伝えきれないと思い、動画を撮影して、それをフェイスブックにアップしていたりするのですが、まだ動画アップの方法をマスターしていないので、今日は、写真のアップ
次回は動画のアップが出来るように勉強しておきますね

私達に沢山の幸運を与えてくださったホテル情報を書いておきますね。
Booking.comを利用して予約したのは4泊。当時、二人でこの金額で宿泊できました。
ここに到着までの道のりは、私の適当さ加減のお陰で、大変でしたが、まこ先生や途中途中現れる神様に恵まれ、到着することが出来ました。
そして、ホテルに到着して、部屋を案内され入った瞬間に、ブルガリアンローズの香りに包まれました。
部屋には、オーナーのローズ畑で摘まれたローズが置かれてあったのです。
アロマでブルガリアンローズの香りは幸福感を与えると言われています。
その効果は間違いなかったです。
身をもって体感することが出来ました

【ホテル情報】
2013年6月1日~2013年6月5日
ブルガリア カロフェル(Kalofer)
Family Hotel Mania 4泊 ¥10,776

※クリックすると私達が行ったローズ畑の写真やホテル周辺ののどかな環境が見れますよ。
20130601~05宿泊Family Hotel Mania

そして、今日のエールは・・・

一緒に奇跡を起こしましょう!

『こんな、奇跡のようなことが、本当に起きるんだ
と、奇跡を体感したこの時の私
本当に踊りたくなるほどの興奮に包まれました
私は、私自身で運が良い人間だとと思っていますが、こんなにも思い描いていた以上のものに出会えるなんて、自分でもビックリした次第です

そして、調子に乗って言ってしまおうと思うのですが、このバラが満開の時期に、誰か私をブルガリアのバラの谷に連れて行ってくれませんか?
そして、一緒にカザンラクのローズフェステバルに一緒に行きませんか?
今年のローズフェステバルは6月7日のようですが、このような状態では、今年は行けそうにないですが、来年行けるかな?
みんなと一緒にもっと楽しめるように、ブルガリア語の勉強も、もう少し頑張ろうと思います。

次も、同じ様な奇跡が起きるかどうかは、残念ながら、今の段階では分かりません

でも、きっとブルガリアンローズの香りとバラの谷の環境が
皆様を満たされた幸福感に包み込むことでしょう
スポンサーサイト



左サイドMenu

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最近の記事

他にも探してみて!

月別アーカイブ

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

このエール、届け!

QR

右サイドメニュー

ブログ内検索

私の転機になった本

お買物・旅行のお得情報

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター