fc2ブログ

ガラパゴススタイルシェア便 Galapagos Style Share mail💌

幸せを生きやすいように進化していくガラパゴススタイル。その過程で感じたこと見付けたことなど、シェアしていこうと思います!

学問のすすめ方

いつも、訪問いただき、拍手をいただき、誠にありがとうございます。
いつも、その拍手が、ありがたく、励みになります
引続き、よろしくお願い致します。


昨夜のブログをアップしてから、のぶちゃんが、とてもニコニコ、ニヤニヤ、機嫌が良くなりました
自分が今まで胸の中に秘めていたものを、書くことで、吐きだせたのか、自分の書いた「学問のすすめ方」を、大絶賛の自画自賛で・・・

のぶ:ミキさん、良かったわ。ちゃぶ台返しがなかったら、これは出来なかったよ。ひっくり返って、ひっくり返って、元に戻ったね。
ミキ:そうなん。ねぇ、良くわからん所もあるし、私が納得できないところもあるけど、最後の締めがいいね。
のぶ:ほうよ。ここに至るまでの掃き出しが出来たわ。
ミキ:何かさあ、苦労したのが伝わってくる。頑張ってきたんじゃね。自分の出来る方法で・・・。
のぶ:僕は、勉強は一生続けようとおもうんよ。これでいいで終わったら、それで終わりと思うんよね。
ミキ:私もそう思う。のぶちゃんがそういう人で、本当に、良かった。

今回は、朗読はしませんでした。
のぶちゃん曰く、
『ミキさんの旦那さん、こんなこと考える人だってことが面白くない?』
と、こうしてブログに掲載を許してくれております。
今は、一生懸命、勉強している様子なので、今のうちに書いておこうと思います。

何年かのち、二人で読んで、大笑いするんだろうな
『お互いに、ちゃぶ台返ししたね』って・・・。
既に、その日が、待ち遠しいです

のぶちゃんの直筆写真と内容を載せておこうと思います。

学問のすすめ方

******************************

私は勉強が苦手である。
もし、勉強が得意であったなら、今の私はいない。
勉強が大切なことも知っている。
だから、苦手でも勉強するのだ。

頭も良くない。
学校という閉ざされた中で、競い合うことは、
私にとって絶望をもたらした。

同じ授業を受け理解した。優劣があることを。
私は後者であった。
後者の末路は、私に追打をかけた。
未来は狭いということを。

しかし、気付いたことがあった。
成績が良ければマシになるうことを。

成績とは?

テストで点を取ることである。
全員が同じ様に条件をそろえて、テストを受けると
私は劣る。間違いない。

しかし実際は、頭の優劣で点は決まらない。

なぜ?

それは、頭が良くても悪くても、
テスト勉強をしないやつがいる。

一方で、頭が悪くても、理解していなくても、
ある程度、点は取れる。

一番でなくても生きて行けることは、
私に希望をもたらした。

サラリーマン?公務員?上等ではないか、
私にとっては。
「中の下」で良しとしよう。「下の上」ではならぬ。
それは絶望を意味した。

テスト勉強は、私に勇気をもたらした。
私にとって、点を取れる事だけ勉強すれば良いのだ。
すると、成績は「中の上」であった。これでいいのだ。

しかし、気が付いた人々は勉強をし、競ってきた。
すると私は「中の下」となった。
思った通り、頭の良いやつが勉強すると、
成績は逆転した。これでいいのだ。

「中の下」で生きた証、悪くない。
自分なりに良く出来たやつだ。頭悪いのに。
頭の悪い弱者ではあるが、「中の下」は誇りである。

困ったことがある。

「中の上」のやつは、いわゆる頭が良いのだ。
しかも勉強もしてきた。
生きる配分の少しを勉強にそそいだだけのやつらだ。
同じ条件では、競うすべはない。
しかし、「中の上」のやつは、全ての力を使わず
「中の上」であるがゆえ、知らないのだ。

「やれば必ず出来る」は、
条件をクリアしなければ成し得ない。
私だけが知っている。私は、
「やれば必ずしも出来るとは限らない」
だから私は、「必ず出来ること」をやるのだ。
私だけが知っている。
「やれば必ず出来る」ことを出来ない絶望を。
私だけが知っている。
「出来ることを必ずやる」ことをやる幸福を。

だから、私は旅に出た。出来ることを探す。
そして、やる。そうして、生きてきた。

時々、私を絶望させる言葉
「やれば必ず出来る」
私にとっては
「あなたにとって、やれば必ず出来る」
であって、私又は他人には
「やれば必ず出来る」
ではない。常にこの言葉から逃げて来た。
逃げて来た。逃げて来た。
もう絶望したくない。
だから私は、必ず出来ることをやるのだ。

人々は見違う。
私は「やれば出来る」ではない。
私は「出来る事をやってる」のだ。

理解してほしいとは思わない。
なぜ?

頭のいいやつは、理解不能である事を私は知っている。
頭の悪いやつは、私が頭がいいと思っている。

ただ私は、出来ることを私に問いかけているだけ。
あなたは
「Can you?」//「Yes. Let’s go!!」「No. Thank you.」

私は勉強が苦手である。
私は、出来る勉強をするだけ。
あなたも勉強が苦手である。
あなたは出来る勉強をしないだけ。

「中の下」と「下の下」との違いはこれだけ。
でも、幸福は私に極上を与えた。


******************************

正直、諭吉さんの『学問のすすめ』、私は、どんなものか知りません。
のぶちゃんも、これを書いた後に、内容の確認してる次第です。

これを書きながら、改めて、思うんです。

のぶちゃん、腹を括って生きてきたんだな。
悔しい思いも沢山してきて、その自分の気持ちを消化する方法をさがして・・・。
自分の出来ることを、いつも一生懸命に、誠実に、私にも、してきてくれました。
よくここまで、がんばってくれたなと、感謝しかないです

いつも、こんな風に、自分の事を『頭が良くない』と言うから、私は反論するんですけど、そうすると怒るんです。
何でだろう?と考えてみました。

あっ、『もう絶望したくない』と、書いてますね
勝手に期待して、『やれば出来る』ことを押しつけるなと・・・。

そうだ、そうだ、そうだね
これからも、二人で、出来ること探しの旅に出よう
そしたら、いつも極上の幸せだね

はい、こんな感じで、二人の喧嘩は、『雨降って地固まる』完了いたしました
最期まで、ご清聴、ありがとうございました
スポンサーサイト



[ 2022/10/01 02:08 ] 二人で歩む道 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
QRコード
ガラパゴススタイルシェア便
QR
他にも探してみて!
月別アーカイブ